お金とお金の工面

第四銀行でお金を工面

第四銀行の定期預金

金融機関で貯金をするなら積立定期預金がオススメです。円定期預金ではスーパー定期預金が有名ですが、スーパー定期預金は一括預入しなくてはいけない上に、預入日から満期日まで払い戻せないのです。そのためしばらく使う予定のない余裕資金でないと中途解約のリスクがあります。しかし積立定期預金は毎月少しずつお金を積み立てる商品なので、余裕資金を作る際に利用でき、中途解約リスクも低いのです。

第四銀行の積立定期預金のメリットは、積立金額を100円という超低額から設定できることです。積立定期預金は積立期間が長ければ長いほど多くの金額を貯めることができるため、仕送りで生活する学生でも利用できる第四銀行の積立定期預金はとても便利です。もっとも積立金額は少なすぎると資金が貯まりにくく、多すぎると挫折しやすいのでバランスが重要です。一般には毎月の収入の2割を貯蓄に回すのが理想的とされています。

積立定期預金は総合口座の担保にすることもできます。総合口座とは普通預金と定期預金をセットにした商品で、定期預金を担保に普通預金で口座貸越が利用できます。口座貸越とは普通預金口座がマイナスになったとき、自動融資で不足分を補えるというもので、人によってはカードローン代わりにしている人もいます。しかし予期せず口座残高がマイナスになったときも、勝手に借り入れてしまうので注意が必要です。

第四銀行では退職金運用プランもオススメです。退職金専用定期預金のことで、退職金しか預けられない代わり適用金利に上乗せ金利がつくというメリットがあります。預入期間は3ヶ月限定ですが、退職金を預けるため預入金額が多く、利息も多いです。ただし第四銀行の退職金運用プランは、第四銀行本店のある新潟県内に住んでいないと利用できないという一面があります。第四銀行は東京や大阪など県外に複数の支店がありますが、県外の利用者は退職金運用プランが利用できないのです。