お金とお金の工面

電子マネーのある生活

電子マネーとは

電子マネーとはいわゆる電子決済サービスのことで、実物の貨幣を用いずに売買の決済を行うことができるサービスのことです。概念や構想自体は以前から存在してましたが、実際に実用化され世間に普及するようになったのは90年代後半からです。

電子マネーが普及する前はクレジットカードやプリペイド式の決済方法が主流でした。これらの方法は利用できる場所や店が限られており、さらにインターネット上での決済でもクレジットカードの番号を伝えるしか方法がなかったため、利便性やセキュリティの面でまだ問題がありました。現在はクレジットカード決済以外に様々な電子マネーの形態があり、決済方法がより多彩かつスピーディーに変化しています。

日本国内では現在ICカード技術を用いた電子マネーが多く普及しています。ICカード型の電子マネーはインターネットや実店舗、自動販売機や駅の改札口などでも使えるというメリットがあり、そのため国内ではクレジットカードなどと合わせて使うことで、現金を使わない決済が盛んです。これらの電子マネーは貨幣として利用できるものの、銀行法では貨幣という扱いではなく、事前にチャージした金銭から足し引きするという代用通貨のくくりになっています。

電子マネーはカードを用いて利用する場合や、携帯やスマートフォンを媒体に利用する場合などがあります。そのやり取りは従来のクレジットカードの決済方法とは違って署名や暗証番号の入力などの必要がないため、セキュリティ面でもクレジットカードとは違ったものとなっています。