お金とお金の工面

電子マネーのある生活

電子マネーの種類

電子マネーは決済の方法や用途などによっていくつかの種類に分けることができます。代表的な分け方はまずオンライン、オフライン、仮想マネーの3種類です。電子マネーはすべてこの3種類のどれかに当てはめることができます。電子マネーにおけるオンラインとオフラインの違いは、決済用端末を利用した際に金融機関やクレジットカード会社と店舗を接続するかどうかです。

電子マネーにはさらに別の区分もあります。プリペイド、ポストペイ、仮想マネーの3種類です。プリペイドとポストペイはそれぞれ前払いと後払いという意味です。プリペイド式の電子マネーにはEdyやSuica、nanacoなどがあります。これらは事前に前払いで現金をチャージしておくことで、その分だけ利用できるというものです。

ポストペイ式の電子マネーはiD、QUICPayなどがあります。これらは使った分を後払いで清算することによって利用できるというものです。現時点ではプリペイド式の電子マネーのほうが数が多い傾向にあります。後払い式の電子マネーは申し込みを終了するところも多く、需要自体もプリペイド式のほうが多いようです。

仮想マネーはインターネット上で利用される電子マネーのことで、クーポンや商品券のような形態であることが多いです。代表的なものはWebMoney、BitCashなどがあります。これらの仮想マネーはコード番号などを用いて販売・利用されており、ポイントに換えて利用します。