お金とお金の工面

電子マネーのある生活

電子マネーのSuica

Suicaは交通系電子マネーの1つで、JR東日本、東京モノレール東京臨海高速鉄道で利用されています。そもそもはJR東日本が自社用に開発したものですが、現在は多くの交通系電子マネーと相互利用することが可能になっています。累計で4000万枚近く発行しており、交通系電子マネーのなかでは最大手です。みどりの窓口や券売機などで購入することができ、販売する社によってデザインが異なります。

従来の乗車券を購入して改札を通る手法とは違って、専用カードをワンタッチするだけで改札を通れることから、交通の高速化をもたらしました。Suicaが普及する前はテレホンカードのようなプリペイド式のカードが人気でした。それらのカードは券売機や改札口で利用することができるもので、一部Suicaと似た働きのあるものでした。

Suicaは交通系電子マネーでありながら、コンビニなど一部の小売店でも通常の電子マネーと同じように利用することができるため、交通以外での用途や利便性を求めて購入する人が多いです。とくに都心など乗り換えや駅構内の混雑が多い場所ではSuicaなどの電子マネーを利用する人が多いです。

Suicaの種類は無記名式と記名式、定期券式、連絡定期券式の4種類です。それぞれ子供用と大人用があり、それぞれに応じた料金で鉄道などを利用することができます。さらに記名式だと本人以外には利用できないため、紛失した場合でも残高が保証されるというメリットがあります。