お金とお金の工面

利用するなら大阪信用金庫

大阪信用金庫の定期性預金

大阪信用金庫では流動性預金と定期性預金の2種類の預金商品を取引することができます。流動性預金は普通預金や貯蓄預金などの、自由に預入や引出を行える一般的な預金商品のことです。とくに普通預金は大阪信用金庫で最初に口座開設する生活の必需品で、給与受取や公共料金の自動引き落とし機能など便利なサービスが利用できます。しかし店頭表示金利が低く、最近はマイナス金利でさらに低金利になったことから人気が下がっています。

そこでオススメなのが大阪信用金庫の定期性預金です。定期性預金は口座開設時に満期日を設定し、決まった預入期間だけ利用する預金商品です。預入期間中は預入や引出が行えないというデメリットがありますが、流動性預金よりも店頭表示金利が高いというメリットがあります。もっともマイナス金利の導入以降、定期性預金であっても店頭表示金利が引き下げられる場合があるため、口座開設の前に店頭表示金利を確認するとよいでしょう。

大阪信用金庫のネットDE定期は、インターネットバンキングを契約すると利用できる個人向け定期性預金です。預入期間の選択肢が通常のスーパー定期預金に比べて少ない一方で、金利上乗せによって通常よりも高金利での資産運用が可能となっています。預入金額の上限も1000万円と多いので、貯蓄だけでなくボーナスや相続金などまとまった資金を預けるのに最適です。

定期性預金で注意しなければいけないのが中途解約のリスクです。中途解約とは預入期間中に何らかの理由で定期性預金を解約して払い戻すことです。定期性預金を中途解約すると、当初予定していた適用金利が引き下げられるため、受け取る利息が減ってしまうというデメリットがあります。疾病などの予想外の支出を捻出するために定期性預金を中途解約するケースが多いため、他の金融機関や普通預金口座にも一定の残高を確保しておくと安心です。