お金とお金の工面

利用するなら大阪信用金庫

大阪信用金庫の投資信託の使い方

大阪信用金庫では投資信託も取引できます。投資信託はファンドを購入することで分配金を受け取る仕組みの投資商品です。分配金はファンドの購入金額や運用成果に左右されますが、預金商品の利息よりも大きな金額になる傾向にあります。そのため中高年を中心に資産運用の手段として利用する人が多く、新規に口座開設される数も増えています。

大阪信用金庫では投信インターネットサービスや少額投資非課税制度「NISA」などを活用して便利に投資信託を行うことができます。これらのサービスを利用すると、ファンドの購入手数料や分配金に課せられる税金を軽減することができます。手数料や税金を軽減することで初心者でも簡単に利益の目減りを防ぐことができますし、ファンドをたくさん購入して分配金を増やすよりも堅実に利益を確保できます。

投資信託に使える資金がたくさんある場合、大阪信用金庫の資産運用プランがオススメです。資産運用プランはスーパー定期預金と投資信託を一緒に申込む代わりに、スーパー定期預金が高金利で運用できるというメリットがあります。ただしスーパー定期預金の預入金額は投資信託のファンド購入金額以下に設定しなければいけないため、必然的に投資信託の比重が多くなります。それでも定期預金キャンペーン以上の高金利になるため、スーパー定期預金の預入金額が少なくても充分な利息を稼ぐことができます。

投資信託では購入するファンドによって運用成果が異なるため、購入する前に基準価額や運用実績などファンドの内容をよく確認しましょう。金融機関によって取り扱うファンドの種類が異なる場合もあります。各金融機関の取り扱いファンドや投資信託関連の金融商品、金融機関キャンペーンを比較したり、実際の利益を計算したりして慎重に投資信託を利用しましょう。